ブログ  

魚を美味しくするためには丁寧な処置とこれが大切です

先日、友人から「どうして魚進の刺身は美味いの?」と聞かれました。魚の目利きはもちろんのことですが、これを大事にするから美味しいのだと思います。

魚進は小さな魚屋です。

だからこそできることが沢山あります。

値段やお得さではもちろん、大手スーパーやチェーン店には全く歯がたちません。ですが、旬の魚の美味しい食べ方や、魚が刺身や切り身としてお客様の手元に届くまでに関わる人たちのストリーを私たちは伝えることができます。

魚進の鮮魚

魚進は大宮市場で主に魚を仕入れています。先代が築いた仲買人との信頼関係。そして、2代目のSNSを活用した地方の漁港の仲買人との取引や漁師さんからの直売取引。魚の育った背景や漁港での処理の仕方など、細かい部分まで気にかけて魚を買い付けています。店舗でも丁寧に神経締めを行い、できる限り温度変化がないように、魚を寝かせ熟成処理を進めています。

小さな店だから、店主のこだわり抜いた鮮魚が揃えられます。そして、全ての魚に目が行き届く環境が美味しい秘訣に繋がっています。

刺身は一切れから販売しているのは、一切れでも十分美味しさが伝わるから。無駄なく大切に食べてほしい。もちろん、そんなに沢山たべらないわ。という方への配慮もあります。私たちは、心を込めて仕込んだ魚を無駄のないように大切に扱っています。


- 店頭受取り・配達でのご予約はこちら -

加須市の魚屋『魚進』お刺身コーディネータよこちんのブログ